早稲田大学編入の学費をどうやって調達したか?

多くの人が進学で悩む大きなポイントは、お金の問題です。これは、学生はもちろん社会人も悩む人が多いです。

人によって調達方法は千差万別ですが、一例として私の場合はどうしたかをご説明します。本記事では、学士編入した早稲田大学の文学部の学費についてを挙げます。最新のデータを見ますと早稲田大学文学部に学士編入した場合、学費内訳は下記です。

入学金・・・20万円(予定)
学費(春学期分)・・・74万500円(予定)
学費(秋学期分)・・・54万500円(予定)

1年分の学費が合計128万1,000円です。

3年次編入だと、卒業するまでにかかる大学への納付金は合計で236万2,000円です(学部によって異なるのでご自分の志望大学・学部をご確認ください)。

「早稲田大学 文学部編入 学費」で検索すると、該当の情報が掲載されている「学士入学・3年編入学 入学試験要項」のPDFファイルがヒットしましたのでその数字を引いています。(入学金や授業料など納付金の一覧ページを見てもいいのですが、これだと全然関係ない学部などのデータがたくさんあるので、上記のように検索したほうが速いし確実です)

私の場合これをどうやって調達したかというと・・・。会社員をやりながら毎月5万~10万程度をずっとマネックス証券でMMFや投資信託に投資していました。その資金を回しました。

これは別に「いつか大学にいくための学費に」と考えていたわけでは全くないです。「何かあった時のためとお金の勉強のために、投資信託で毎月引き落としで投資しておこう」と思って貯めていたものです。実家を出て一人暮らししていましたが、お金がかかる遊びやレジャーにはさほど興味がなかったのが幸いだったかもしれません。

とはいえ毎月10万の引き落としを継続させるのは結構つらかったので、最終的には毎月5万の引き落としに落ち着いた記憶があります。
毎月5万の蓄財でも単純計算で、1年で60万、2年で120万、3年で180万、4年で240万です。

毎月自動引き落としで、まず貯金なり投資なりに回して、その残りのお金で生活すると結構いつの間にかお金は溜まるものです。
早稲田大学の編入の学費合計額と、自分のマネックス証券のポートフォリオを見比べて「あれっ、いつの間にか結構溜まってる。学費分これで払えるな。これ、行けるんじゃない?」と思った記憶があります。

たしか矢沢栄吉さんが『成り上がり』という本の中で「いざ自分が何かをしたい時のために、金をためておくことは大事」というようなことを書いておられました。それに倣ったのですが、本当にその通りでした。自分でも、まさか「給料から毎月自動引き落としでとりあえず貯めていたお金」が大学編入の学費になるとは思っていませんでしたが結果的にそうなりました。

この経験から資金面でアドバイスできることがあるとするなら「備えあれば憂いなし」というか「入ってきたお金を毎月自動引き落としで貯蓄・投資しておく」ことがとても大事だということです。「お金がない」という人は「入れば入ってきただけ使って、いつの間にか財布にお金がなくなっている生活」をしている人が多いです。しかしこれだと「いざ自分が何かをしたいと思った」時にお金がないために動けず情けない思いをしなければなりません。

私の師匠の言葉ですが「人間というのは、お金と時間はあるだけ使う」生き物です。ですから意識しなければ、全部いつの間にか生活費や遊興費に使ってしまうものです。「お金がない」という前に、給料をまず毎月天引き・自動引き落としされるように設定し、その残りの金額で生活するなどの工夫をするべきだと思います。

俗っぽい言い方になりますが「何かをするにはタネ銭が必要なことが多い」ですし「学問をする」というのは間違いなくお金がかかるものです。

いつもありがとうございます。