編入学と学士編入の違いとは

4年制大学に「途中の学年から入る」手段の代表としては、編入学と学士編入というものがあります。
この二つは何が違うのかというと(実際は大学によって微妙に定義が違うのですが)早稲田大学のサイトから引用すると以下の通りです。

学士入学試験
4年制大学卒業者(学士の学位を有する者)が対象で第3年次に編入となります。
※すべての学部・学科・専修・論系・コースで毎年募集しているわけではありません。詳細は各学部へお問い合わせください。

編入学試験
短期大学もしくは高等専門学校の卒業者、大学第2学年の課程修了者等を対象とし、第3年次に編入できる制度です。
※すべての学部・学科で毎年募集しているわけではありません。詳細は各学部へお問い合わせください。

(引用元:https://www.waseda.jp/inst/admission/undergraduate/system/

つまり大まかに言うと「四年制大学を卒業して、もう一度大学で学びたい」という場合は「学士入学」枠の出願資格があり、それ以外の場合は、編入学または社会人入試枠などで出願するのが一般的ということになります。編入は、大学によって二年時に編入されることもあれば、三年時に編入されることもあります。

言い換えると「学士」というのは4年制大学を卒業した人間に与えられる学位ですので、この学位があれば「学士入学試験」が受けられるということです(出願する大学以外の大学を卒業していてもOKですし、学士入学試験を受ける受験生は大抵そうです)。

注意しなければいけないのは、「学士入学」枠では学生を受け入れていても「編入」枠では学生を受け入れない大学や学部があるということです。

例えば、早稲田大学ではほとんどの学部で学士入学を受け付けていますが、編入学を受け入れている学部は非常に限られています。またこれがとても重要な点ですが、冒頭の引用部分で表記がある通り、早大は学士入学・編入学ともに、毎年募集がある学部が変動します。

では社会人入試で早稲田に入ろうと思ったとしても、この記事を書いている時点で早大が社会人入試を受け入れている学部は政治経済学部のみです。そして、以前こちらの記事で書いたとおり、非常に狭き門です。

⇒ 参考:早大政経学部の社会人入試枠は入りやすい?

編入・学士入学ともに、あくまでも「欠員補充」の意味合いがある試験ですのでこういうことが起こりえます。
また、繰り返しになりますが編入・学士入学は大学によってさまざまな規定や募集内容が異なります。早稲田のように毎年変わる大学もあるくらいです。ですから、志望大学の募集要項を見て「自分はこの大学のこの学部のどの入試枠に、受験資格があるのか」を確認することが何より大事です。

編入・大学院の受験生は志望校を絞ったうえで「自分に必要な情報収集」をすることを心がけてくださればと思います。

いつもありがとうございます。