大学を卒業していないと大学院受験資格がない?

以前こちらの記事「大学院の修士課程?博士課程?」でご説明させていただきました通り、基本的に大学院というのは四年制大学を卒業した学生が「さらに学びたい」と進学するところです。

と言うと当然「では、大学を卒業していないと大学院受験資格がないのか」というご質問が出るかと思います。
この質問による回答は「大学院による」というものです。つまり「大学を卒業していなくても大学院の受験が可能」な場合があります。

たとえば、社会人学生を受け入れている青山学院大学大学院社会情報学研究科のサイトから閲覧できる募集要項を見ると、出願資格は下記のようです。

Ⅰ.下記の1.~7.いずれかに該当し、該当時より2年以上経過している者。
Ⅱ.下記の1.~7.いずれかに該当し(注)、該当時よりの経過年数が2年未満であり、出願時に企業等に勤務している有職者。
(中略)
Ⅲ.下記の8.に該当する者。
1.大学を卒業した者
2.大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者
3.外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
4.外国の学校が行う通信教育における授業科目を日本において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
5.日本において、外国の大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
6.専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
7. 文部科学大臣の指定した者
8. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学時22歳に達したもの

ちなみにこの8については以下の記述がありました。

入学資格審査
出願資格8.により出願しようとする者は、出願書類を提出する前に入学資格認定のための審査を受ける必要があります。この場合、事前に社会情報学研究科担当(TEL 042-759-6072)に連絡し、次の書類を提出してください。
(中略)
提出書類 : (1)入学志願票(本学所定用紙)
(2)最終学歴の成績証明書
(3)最終学歴の卒業証明書あるいは在籍証明書
(4)入学資格審査申請書(様式は任意)
学習歴・実務経験・研究歴等を記載し、資料を添付してください。

つまり、基本的には大学卒業資格を有している必要がありますがそうでない受験生が応募してくる場合は、提出書類で審査するということです。トライしてみる価値はあると思います。

大学を卒業していなくても受験することができる大学院は結構あります。
青学のように筆記ではなく提出書類で審査する(つまり、大卒資格がないからと言って、その分の余計な受験勉強をする必要がない)場合もあります。

「大学を出ていないけど、大学編入ではなく大学院で学びたい」という方は、ぜひあきらめないで門戸を開いている大学院に挑戦していただきたいと思います。

いつもありがとうございます。