『文系学部解体』

『文系学部解体』(室井尚著)は、これから大学や大学院に行きたい!という社会人(特に文系志望)におすすめの1冊です。

この本には、今後日本の国立大学は文系学部を廃止する方向に動いていることなど、今後の大学の動向に関するヒントが(ホンネを交えて)掲載されています。

ポスドク問題や文系学部の博士号の価値についての実際のところなど、大学の中にいる教員から見た大学の実態もさりげなくちりばめられています。

大学の外にいると大学内で起こっていることや今後の動きというのはほぼ見えないものです。
情報を集めようとしても少々コツやテクニックが要求されます。

しかし、大学院入試というのは、ある意味で情報戦です。

特に文系の専門的な研究をしたいという社会人は、大学を選ぶ前に『文系学部解体』(室井尚著)を軽く一読されてみることをお勧めします。

いつもありがとうございます。