「社会人が大学院で学ぶのは敷居が高い」という誤った先入観

閉鎖的な組織であるというイメージがあるためか「大学院」という単語を聞くと「自分なんかにはとても入れない敷居が高いところ」と考える方が少なくありません。

そもそも、大学院というものの存在すら知らない方も別に珍しくありません(ちなみに自分も実際に大学に入って初めて「大学の上に、さらに大学院という学校がある」ということを知った人間です)。

社会人で学習意欲というか向上心が高い方に各種ビジネス講座や社会人向けの勉強会などでお会いした際「そんなに勉強に対して意欲が高いのであれば、大学院に行って勉強されたらどうですか」と提案すると、ほぼ必ず「いや、そんな大それた選択肢は考えたことがなかった」というような反応が返ってきます。

あまりなじみがないため、大学院に行って勉強するのはよっぽど特別な人だというイメージが定着している気がします。

しかし一昔前ならいざ知らず、今はどんな有名大学院でもまず間違いなく「学生の確保」に大変積極的ですし、社会人の入学を非常に望んでいます。これは東大など、どんな有名どころであってもそうです。

ご存じのとおり日本は少子高齢化が深刻なので、このままいくと深刻な学生不足に陥ることが目に見えているからです。
実際、定員割れを起こしている大学は現時点でもありますし、学生が来なくて潰れてしまう大学が、今後多く出てくるでしょう。

したがって当然「社会人で、大学院で学びたいという意欲が高い人」をどの大学院も積極的に取り込もうという流れになっています。

このため、昔に比べたらずいぶんと社会人をやりながら大学院で学ぶということの敷居が低くなっています。
どの大学も社会人の受験生には学科の試験のボリュームを減らしたり、そもそも学科の試験科目をなくしたりしているので「仕事をしながら受験勉強をするのが難しい」という人であっても合格は決して無理な話ではありません。

大学院側の「勉強熱心な社会人には優遇措置を設けてでも入学してほしい」という気持ちと、一般人の「勉強したい気持ちはあるけれど、自分には大学院なんていう大それた選択肢は考えられない」という考えの間には、大変な認識の乖離があるように思います。

ぜひ「社会人だけど、もう一度大学や、大学院に行けるのなら行って勉強してみたい」という気持ちが少しでもあるなら「大学・大学院は敷居が高い」という先入観にとらわれずに情報収集してみていただきたいです。「意外と、自分も行けるのではないか」と思うはずです。

多くの人が考えているよりもずっと、一度社会に出て職業経験を積んだ方に対して大学院側は色々な受け皿を用意しています。

また、アカデミックな世界に新しい刺激や考え方を、変化をもたらしてくれる社会人を積極的に求めています(勿論、学校が求めるレベルの学力があることが大前提ですが・・・)。同質の人間ばかりでは思想・研究・組織が硬直するからです。

これは、実際に社会人を経てから大学編入・大学院進学を経験した自分の実感でもあります。

いつもありがとうございます。