社会人入試に挑戦することにより生じるリスクとは

死ぬ時に後悔するか・しないかという判断基準で考える



こんにちは。社会人大学院入試のシンナビ代表・小田恵美子(@mi_dorino)です。

ずいぶん前の事ですが、ネットニュースでこんな記事を読んだことがあります。あるご老人のお話です。その方は私が記事を読んだ時点で故人でした。

若い時に進学したかったある有名な学校があったのですが、親の反対で行くことを諦めたそうです。しかしよっぽど未練があったのか、人生晩年になってから繰り返し言っていたのが

「本当は(若い時に親に反対されて諦めた)○○に進学して勉強したかった」ということ。

この方が亡くなった後、この話を聞いたその学校がご遺族に学校の入学案内を送付。親族の方が「本人も喜んでいると思います」とコメントされたというネットの新聞記事でした。

当時、その記事のコメント欄には「良い話だ」とか「感動した」というような肯定的なコメントが多数書かれていました。否定的なコメントはなかったように記憶しています。

しかしこれを読んだ時、私は考えさせられました。

「ずっとやりたいと思っていたことをやらないまま後悔して、死んだ後に入学案内を棺桶に入れられたのが、自分だったら・・・?」と思ったからです。

実際、この記事が記憶にずっと引っかかっていたことがきっかけの一つとなって、社会人の立場で入試を経験して早稲田大学に進学することになりました。それほど、強く自分の心に残った記事でした。

社会人から早稲田大学に学士編入してみて思ったことはいろいろありますが、一つは「何をやるのが正解とか不正解とかいうものは無いな。人生は寿命があるうちに経験値を増やすゲームに過ぎないのではないか?」ということでした。

この見解は、早大の二次面接試験でも面接官の教授に言った記憶があります(受験動機を聞かれたので、上記をそのまま述べました)。

なお、仕事のキャリアを中断してアカデミックな世界で勉強・研究対象に選択したのは東洋思想でした(すごく簡単に説明すると、誰もが中学の国語の教科書で見たことがある『論語』を勉強しに行きました)。

キャリアアップやジョブホッピングに活用できるであろうMBA(経営学修士)ならまだしも、世間的には全く「つぶしが利かない」文系学問、しかも中国古代思想。

それを仕事のキャリアを中断してまで勉強しに行くことには「我ながらどうかしているな。バカだな(笑)」と思いました。

しかし結果論かもしれませんが、この進路選択を後悔したことは今まで一度もありません。

死ぬ時に「勉強したかったことを勉強しなかったな・・・」と後悔しないで済むようになったので、むしろ英断だったと思っています。

社会人の大学院入試は最悪でも「現状維持」が約束されている

高校生・浪人生が大学受験をする場合、受かるか落ちるかは人生の一大事です。何故なら、大学に落ちてしまったらもう一年受験生活を送ったり妥協して滑り止めに行くことを選択しなければならないからです。現状維持というのはありません。

しかし社会人の大学入試は、最悪の最悪でも「現状維持」です。もし上司や同僚に受験することを言わなければ、落ちたとしても職場の居心地、社会的地位や収入、キャリアパスに傷がつくことはありません。

もし落ちた場合考えうる最悪のケースは、現状が継続されるだけです。受かった場合も「進学するかしないかは自分の意志で決める」ことが出来ます。

「受かったけれど、進学しない」という選択もあり得ます。東大の大学院でさえ「合格したけれど進学しない」人は毎年います。

夜中の3時のファミレスで勉強しながら「もし入試に落ちたとしても、会社員を継続すればいいだけ。自分は日本一プレッシャーの無い大学受験生なのではないか?」とふと感じた事を今でも覚えています。

実際、今振り返ってもこの当時感じた事はその通りだったと思います。

「社会人の大学入試は、もし落ちたとしても受験勉強に費やした時間以外に失うものがない」です。社会的地位や信用が無くなるわけでも、収入が途絶えるわけでもない。今の状態に戻ってくればいいだけ。その意味ではリスクゼロです。

ですから、社会人で「大学に行きたい」と心のどこかで思っているなら、試しに受験してみればいいのです。もし縁あって合格したら、その段階で「本当に大学に行くか行かないか」を真剣に考えればいいだけです。

「いつか大学でもう一回学びたい」という方はしばしばお見かけするのですが、実際に受験勉強を始める人は本当に少ないです。私の観察では「大学院に行ってみたい」と言う社会人の9割は情報不足による潜在的恐怖から、実際には行動しません。

具体的な行動をするだけで、1割の「大学院入試のために具体的に行動している人」になることができます。