『働きながら60歳で慶應義塾大学を卒業した私の生涯学習法』

ロールモデルを見つけ“「私には無理」から「私にもできる」に”

こんにちは。社会人大学院入試のシンナビ代表・小田恵美子(@mi_dorino)です。

社会人で「いつかは大学に行けたらいいなあ」と思っても、多くの方は「いや、でも無理だろう」と実際に行くための具体的アクションを躊躇します。

何故か、というと単純な話で「周りにそういうことをやっている人がいないからイメージが湧かない」→「なんだか怖いからやめよう」という感情が沸き起こるからです。

恐怖の原因はたいてい情報不足です。
逆に言えば情報を仕入れたり、実際に行動して合格した人物をリアルな存在として認識できれば「イメージができないから、怖い!」という恐怖による躊躇はだいぶ弱まります。

今回ご紹介する働きながら60歳で慶應義塾大学を卒業した私の生涯学習法はこの「恐怖を弱める」のに大変貢献してくれる書籍です。

作者は『働きながら60歳で慶應義塾大学を卒業した私の生涯学習法』というタイトルの通り、60歳で慶應大の通信教育課程を卒業された方。

ちなみに慶応大学通信教育課程の平均卒業年数は8年・卒業率は、たった3%です。作者は見事、この難関を乗り越えて卒業されました。

こういう事を書くと、「そういう人は特別だから、自分とは違う」という方がいるかもしれませんが、決してそんなことはないと思います。

こと社会人の大学入試に限定して言えば、具体的に実現に向けて行動したかしなかったかという一点が明暗を分けるのが、自分の経験から言える正直な実感です。勇気を出して実際にやってみると、そして諦めず継続すれば、意外とできるものです。

『働きながら60歳で慶應義塾大学を卒業した私の生涯学習法』の中で、作者の大森さんも同じような事を述べています。

当時の私は、勉強・仕事・子育て(母子家庭)・家事を並行し、卒業までに12年かかりましたが、「どうしても大学を卒業したい!」という一念で夢を叶えたのでした。

ここでそれを自慢しようというわけではありません。80歳で勉強をはじめる人もいれば、卒業目指して12年以上勉強を続けている人もいます。「その人たちは特別なのよ」と言いたいでしょうが、それは違います。

・何かをはじめるのに「もう遅い」ということはない
・「諦めない」ということの大切さ
・「思い続ければ願いは叶う」

ということです。つまり、「一歩を踏み出す勇気」と「チャレンジ精神」、それと「好奇心」があるかないかの違いだけです。

仰る通りだと思います。

「本当にこういう人が実際にいるんだ!」と思う事が最初の一歩

多くの方が躊躇する理由は「少ない情報を想像で補う」ためです。この思考に陥ると「いつかは大学に行きたいけどきっと自分には無理だろう・・・怖いから止めておこう」という結論に陥りやすいです。

しかし『働きながら60歳で慶應義塾大学を卒業した私の生涯学習法』のような書籍で「実際にやり遂げた実在の人物のリアルな話」を読むと「本当にこういう人がいるんだ!」→「もしかしたら自分も出来るかもしれないのでは?」と思えるようになります。

「ロールモデルを実在の人物として認識する」ことは多くの人が思っているよりも大事です。

大学院進学という全く未知のものに挑戦する時、「自分の前に実際にそれを成し遂げた人が何を考えて・どうしたか」を知ることで「挑戦する前に『やっぱり無理だろう』と諦める」のを食い止めることが出来ます。

本書の中で大森さんも、至るところで書いていますが「できない理由を探さない」ことはとても大事です。何故なら多くの人が、できない理由を探して勝手に諦めるからです。

実際に行動する人が少なくあまり知られていないのですが「社会人からの大学進学ルート」は多くの人が想像するより、はるかに実現率は高いです。

ためしにやってみれば分かりますが、具体的に一歩踏み出す人、そして入試当日まで勉強を継続して実際に入学試験を受ける人のあまりの少なさに驚くはずです。