社会人の大学受験勉強と睡眠の関係

社会人受験生は睡眠時間を削るべき?

「社会人が仕事をしながら大学・大学院のための受験勉強をする」となると、必然的に時間が足りなくなります。

このため、睡眠時間を削って勉強しようという人が必ず出てきます。

「四当五落」(よんとうごらく:4時間の睡眠で勉強を頑張る人は受かり、5時間寝る人は落ちる)という言葉が示す通り、昔から「睡眠時間を削って勉強するべき」といういわば根性論のようなものが根強く存在します。

しかし、自分の経験上「四当五落」という言葉を盲信するのは危険です。何故なら私は1日の睡眠時間を7時間取らないと理想的なコンディションにならなかったからです。

ためしに4時間睡眠で過ごしたこともあります。しかし4時間睡眠で過ごすと必ず日中(特に昼食後)に猛烈に睡魔が襲ってきて全身がだるくなりました。

結局次の日は4時間睡眠の穴を埋めるように10時間程度寝てしまうなど「だったら最初から7時間、せめて6時間睡眠で過ごせばよかった」と思う事がしばしばありました。

そもそも「記憶は睡眠で定着する」と言われています。きちんと寝ることは「脳の知識を入れ込む」のであれば必須です。

安易に睡眠時間を削ることは長期的も短期的にも全く得策ではありません。

ベストな睡眠時間は人によって異なる

自分が東大院に通っていた時に周りにいる学生に「受験時代に何時間睡眠を確保していたか」を聞いたことがありますが、1日10時間以上勉強している学生でも「6時間(又はそれ以上)寝ていた」という意見が多かったです。

中には過眠症の学生で1日10時間以上睡眠を摂っているという人もいました。

少なくとも私がリサーチした限りでは「1日4時間睡眠で勉強を何年も頑張った!」という人は見当たりませんでした。

勿論、世の中には「4時間睡眠でも全然支障ない」という人もいます。何日徹夜をしても大丈夫!という方もいるでしょう。そういう方は問題ないかもしれません。

しかし残念ながら「そうでない」人も相当な数います(私は確実に「そうでない」部類で6、7時間眠らないと頭が動きません)。

もし貴方が私と同じ「そうでない」人なら、無理をして睡眠を削っても日中フラフラになって勉強も仕事も確実にクオリティダウンします(試しにやってみれば、どれほどパフォーマンスが落ちるか分かります)。

4時間睡眠で起きた日はその日が終わった時に「こんなにフラフラでボロボロになるのだったら、最初からきちんと寝てすっきりした頭で勉強したほうがよっぽど生産的だったな・・・」と思ったことがしばしばありました。

長期的に人生を俯瞰した時も「睡眠を削る」ことはメリットよりもデメリットのほうが多く、安易に寝る時間を減らすことには賛同いたしかねます。

何でもそうだと思いますが、「四当五落」という言葉を聞いて「日中しごとしているから勉強の時間が少ない。やっぱり睡眠を削って勉強時間を増やすべきかなあ」と安易に結論付けるのではなく

「本当にそうなのか?」を自分の頭で考え自分の体の感覚を信じ、自分にとってベストな睡眠時間をきちんと確保すべきだと思います。受験勉強はマラソンと同じ長期戦です。短期間だけ頑張っても後々しわ寄せが出るなら、意味がありません。睡眠を削るのは最後の手段と心得ましょう。