東大大学院・薬学系研究科とは

薬学部の上に位置する大学院・薬学系研究科

多くの場合、大学の学部は4年で卒業です。しかし理系、特に医療系の学問領域の多くは、学部生としての期間が6年間設けられています。薬学部もその一つです。

薬学部で6年間学んだ後、さらに薬学に関する研究を希望する学生が進学する東大大学院が薬学系研究科です。東大の場合、薬学部は薬科学科と薬学科の大きく二つに分かれています。

薬科学は有機薬科学・物理薬科学・生物薬科学に、薬学は創薬学・医療薬学・社会薬学にさらに細かく分かれています(参考:http://www.f.u-tokyo.ac.jp/research/index.html#cate1)。

薬学に興味がある方は、この6つのうち、どれが自分の研究したい分野かをまずご確認ください。

薬学部の教育研究上の目的

薬学は、医薬の創製からその適正使用までを目標とし、生命に関わる物質及びその生体との相互作用を対象とする学問体系である。本学部は創薬科学及び基礎生命科学の発展に寄与する研究者、医療行政に貢献する人材、高度医療を担う薬剤師の養成を教育研究の目的とする。(薬学部規則第1条の2)

学科の教育研究上の目的

薬科学科
薬学がカバーすべき広範な基礎科学の教育に重点を置き、高い能力を持った研究者、医療行政に貢献する人材を輩出する教育・研究を行う。

薬学科
薬学がカバーすべき広範な基礎科学の教育に加え、病院や薬局での実務教育を通じて高度で実践的な医療薬学の知識と技術を身に付けた薬剤師資格を有する医療従事者、研究者を輩出する教育・研究を行う。

(引用元:http://www.f.u-tokyo.ac.jp/about/mission.html

東大薬学部の上に位置する大学院(薬学系研究科)は以下の通りです。

薬学系研究科の教育研究上の目的

薬学は、医薬の創製からその適正使用までを目標とし、生命に関わる物質、及び、その生体との相互作用を対象とする学問体系である。本研究科は薬学の全ての分野において、最高水準の研究活動を行い、これに裏付けられた教育活動により、創薬科学および基礎生命科学の発展に寄与する研究者、医療行政に貢献する人材、高度医療を担う薬剤師の養成を教育・研究の目的とする。(薬学系研究科規則第1条の2)

専攻の教育研究上の目的

薬科学専攻
有機化学、物理化学、生物化学を機軸に最高水準の教育・研究活動を行い、化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学など薬学がカバーすべき広範な分野をリードする優れた創薬科学研究者、基礎生命科学研究者を養成することを目的とする。

薬学専攻
医療薬学、社会薬学、創薬学を機軸に最高水準の教育・研究活動を行い、医療系薬学、社会系薬学、創薬系薬学などの分野で実践的な研究能力を有する優れた先導的薬剤師、医療行政従事者、創薬開発・研究従事者を養成することを目的とする。

(引用:http://www.f.u-tokyo.ac.jp/about/mission.html

東大の場合、薬学の大学院の学生の区分は以下の3通りです。

★修士課程(2年制)・・・1学年の定員100名
★博士後期課程(3年制)・・・1学年の定員50名
★薬学博士課程(4年制)・・・1学年の定員10名

通常の大学院は修士過程2年、博士課程3年のみのところが多いのですが、薬学系研究科には薬学博士課程(4年制)という区分が存在します。受験資格・各過程の詳細など受験に必要な情報は、必ず東大薬学部のサイトで最新版をご確認ください。