行きたい大学院が決まったら必ずすべきこと

行きたい大学院の候補が決まった段階で、真っ先にしなければいけないことがあります。
それは、大学院入試説明会があるかないかを調べることです。そして、ある場合は出来るだけ参加することです。

大学院説明会とは、読んで字のごとくその大学の大学院に進学を考えている方向けの説明会です。その大学院志望者向けに、大学院がいろいろな情報を流してくれる非常に重要なものです。
大学院により、また専門により開催スケジュールは異なりますが、大体毎年4月~7月くらいに開催されるところが多いようです。

自分が進学したいと考えている大学院が自分の出身・所属大学とは異なる場合は特に、必ず説明会に行くことをお勧めします。
Webで検索したりパンフレットを見るだけでは分からない、説明会に行かないと得られない情報というのが結構あるためです。また、自分が行きたい大学院の研究室を実際に見られる非常に希少な機会だからです。

ちなみに以下は大学院説明会の告知ページの一例です。

★東京大学大学院人文社会系研究科
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/graduateschool/briefing.html

★東京大学大学院 薬学系研究科
http://www.f.u-tokyo.ac.jp/exam/index.html?key=1377738011

★東京大学大学院 医学系研究科
http://neurosci.umin.jp/j/admission.html

★東京大学大学院新領域創成科学研究科
https://www.k.u-tokyo.ac.jp/exam/briefing_for_application.htm

★東京工業大学大学院説明会
http://www.titech.ac.jp/graduate_school/open_campus/briefing.html

特に一番最後の東工大の説明会ページが分かりやすいのですが、同じ大学院でもちょっと専門が違うだけで説明会の開催日程・時間が全く異なります。大学院というのは基本的に、専門ごとに全く個別の動きをする組織だと認識したほうがいいです。

また、大学院説明会というのは基本的に年に一回しか開催されないものですので、参加機会を逃さないようにご注意ください。

ここはとても重要な事なので、もう一度繰り返します。

自分が進学したいと考えている大学院が自分の出身・所属大学とは異なる場合は特に、必ず説明会に行くことをお勧めします。
Webで検索したりパンフレットを見るだけでは分からない、説明会に行かないと得られない情報というのが結構あるためです。また、自分が行きたい大学院の研究室を実際に見られる非常に希少な機会だからです。

いつもありがとうございます。