東大大学院・農学生命科学研究科とは

農学生命科学研究科は、農学部の上にある大学院

東京大学の農学部は、下記のような構造になっています。

農学部
目的 人の営みと関わりの深い植物、動物、微生物を中心とした生命現象を、分子・細胞レベルから、個体・群集レベルにわたるまで幅広く理解し、これを人類の生活向上のために応用できる人材の育成を目的とする。
課程・専修
(一覧はこちらへ)
応用生命科学課程
環境資源科学課程
獣医学課程

(引用元:http://www.a.u-tokyo.ac.jp/overview/index.html#2

農学部の下に応用生命科学過程・環境資源科学過程・獣医学過程の3つの過程があり、さらにその三つの下に細かく専修が配置されているのが分かると思います。

大学生としてこれらのいずれかの学問を専門的に修めた学生、またはそれと同等の学力を持つと大学が判断した人間が進学するのが、農学生命科学研究科という呼称で呼ばれる下記の大学院です。

農学生命科学研究科(大学院)
目的 本研究科は、農学の基盤を形成する諸科学に関する世界水準の教育、研究を進め、人類が抱える食料や環境をめぐる多様な課題に取り組む専門性豊かな人材を養成することを目的とする。
専攻
(一覧はこちらへ)

(引用元:http://www.a.u-tokyo.ac.jp/overview/index.html#3

大学院の各専攻のより詳しい内容はこちらから閲覧できます。東京大学農学大学院の専攻は一見少ないように見えますが、実際は研究室が細かく分かれています。すべての研究室を合算すると100もの数になります。

この大学院の入学案内・募集要項はこちらから閲覧できます。ガイダンスやアドミッションポリシーなどが掲載されているので受験を検討している方や農学生命科学研究科に興味のある方はまずこちらを確認してみてください。

また、実際に出願する際は、必ずここから正式な募集要項を取り寄せる必要があります。