英語の長文読解が出来ない原因

受験英語で英文法と単語の暗記は不可避

「英語の長文が読めないんです。読んでも理解できないんです。どうしたらいいのか分かりません」という受験生に、これまで相当数お会いしてきました。

しかし、よくよく話を聞くとほぼ100パーセント、この「英語の長文が読めない」原因は同じです。

端的に言うと、やるべき“英語学習の基礎を端折って”います。つまり英語のグラマー(英文法)に穴があるか、英単語をあやふやに少量しか覚えていないかのどちらか、または両方です。

実際「東大の大学院を受験したけど落ちた。受かると思っていたから、本当にショックで」という方が相談に来られたことがあります。

しかし、よく話を聞いてみると英単語はあやふやな覚え方しかされていませんでしたし、英語も「大学受験でセンター試験レベルに対応する程度の英語の勉強しかしていない。それが終わってからは、英語の勉強をずっとしていなかった」状態でした。

「一般入試よりも簡単な大学院入試だから。勉強しなくても運よくラクに受かるかも」という方が時々おられますが、経験上こういう意識で外部から受験される方の上位校の合格は危ういです。

受験英語の大前提は「あわよくば楽して」を止めること

良く言われるように、大学院入試は大学受験の一般入試よりも簡単なことが殆どです。例えば東大に合格して、そのまま大学院に上がった人間に「大学院入試の英語は大学入試より簡単だったか?」という質問をすれば、全員YESと答えるでしょう。

しかし、よく考えていただきたいのですが東大生というのは、膨大な量の勉強を続けて東大合格レベルまで自分の学力を上げた人間です。いわば「英語の勉強の貯金」がある人で受験英語の基礎レベルなど言うまでもなく盤石に決まっています。

そういう人が言う「大学院入試の英語は簡単だった」を聞いて、それまで英語の勉強をみっちりやったことがない方が「そうか。簡単なんだな。なら自分でも・・・」と考えるのはかなり危険なものを感じます。基礎学力が全然違うからです。

受験英語は「とにかく基本的な英文法を固める」ことと「英単語力(ボキャブラリー・語彙数)」が基礎であり非常に重要です。これらを飛ばすと受験の英語力は絶対に伸びないのです。

これは英語の勉強をある程度やって来た人間なら知っていることなのですが「長文が読めません」という方はこの大前提を知らないことがとても多いです。

基礎文法もあやふやで単語力も絶対的に不足しているのに、いきなり英語長文を読もうとしても読めるものではありません。

その証拠に、今まで「英語の長文が読めないんです。どうしたら読めるようになるのか分かりません。どうしたらいいですか」という相談をされてきた方で基礎文法が完璧・英単語もきちんと丁寧に覚えている方は皆無でした。

「大学院入試の試験は、簡単だと聞いた」と思っていると「何となくの勉強で、あわよくば何とかなるかも」と思う方が多いようです。

しかし、こと受験英語に限って言うと、基礎をおろそかにした「何となく」では何ともなりません。もしも受験科目に英語があるなら、ショートカットは出来ないという大前提で動くことをお勧めしています。