社会人の受け入れに積極的な大学院を見つける方法

社会人受験生が一番簡単に大学院に入るには?

大学院に進学を検討している場合、間違いなく効率が良いのは

  • 社会人学生を積極的に受け入れている大学院や専門を見つける
  • その大学院の入試を、社会人入試枠で突破する

です。

極端な例を挙げると、社会人というカードを使うと通常の入試で課される学科試験や英語が免除されて、面接試験だけで受験できる大学院はかなりの数あります。これだと「受験のためのお勉強」を殆どしなくて済むでしょう。

名だたる有名大学院でも「社会人なら筆記を免除・英語を免除」で受験できるところがあります。つまり意外と簡単に入れてしまうという意味です。

実際、大学受験一般入試では難関とされる大学であっても、大学院なら受験勉強をさほどやらなくても進学できるケースは多いです。

「自分が高校時代の大学入試のイメージ」をいったん脇に置いて、虚心坦懐に情報収集をされることをお勧めします。「ビジネス」という言葉とリンクしやすい分野は、かなりの確率で社会人が入りやすい制度を設けているからです。

実際にリサーチしてみると「雲の上だ」と思っていた大学院が全然雲の上ではなかったと感じるはずです。

ひとくちに大学院といっても千差万別

とはいえ「社会人だから大学院入試は圧倒的に有利か」というと一概にYESと言えません。

「社会人の受け入れを最初から意識して設置されている大学院」と「そうではない大学院」があるからです。

「ビジネス」「経営」「経済」など、“実社会に於ける仕事”と親和性が高い分野の大学院では社会人の受け入れを積極的に行っています。MBA(Master of Business Administrationのこと。日本語だと経営学修士と言われます)はその代表格です。

いわゆる実学というのか「社会に出てビジネスをする際に大学院で学んだことが活かしやすい」ことを大学院で研究したいのであれば、社会人という身分は多くの場合有利に働きます。

一方で「社会で仕事やビジネスをする際に即戦力になりにくい」研究分野は社会人枠を設けていない場合が多いです。例えば哲学、美術、歴史、心理学など「マネー」「ビジネス」という言葉とリンクしにくいイメージの学問領域です。

自分の興味がこのような学問領域だった場合「社会人というバックグラウンド」によって学科試験や英語が免除にならない可能性が高いです(勿論、大学によるので要確認です)。この場合は諦めて学科試験の受験勉強をするしかありません。

なお自分は東洋思想で大学院に進学しましたので、入試で社会人受験生の恩恵を感じたことはありません。ある教授の授業を取った際、授業中に(もちろん冗談で)

教授「そういえば君は社会人から大学に入ってきた学生か。ところで、最初の給料は何に使ったのかね」
私「はあ。生活費に全部消えましたね」
教授「ははは。俗世的だなあ」

という会話をしたことがあるくらいです。恐らくMBAのクラスでは、教授と学生はこういう会話はしないのではないでしょうか。

この会話が成り立つだろう研究領域(たとえば哲学、美術、歴史など)では、社会人受験生だからといって面接試験だけになるケースは少ないです。また基礎的な素養ありきの理系の領域(農学・数学・医学など)も厳しいでしょう。

しかし先に述べた「仕事で武器になるビジネススキル方面(MBAなど)」の大学院に進学するのであれば、話が変わってきます。社会人という強みを上手く使えば、受験にかける時間・エネルギーは想像しているよりも少なくて済むはずです。

もし使えるのなら、社会人というカードを上手く使って入試を乗り越えることをお勧めしております。