院試や編入試験の語学対策をする時、意識すべきこと

語学学習は「音読」を積極的に取り入れるのがおすすめ

英語に関わらず、日本語以外の言語を習得する時の基本があります。

それは、なるべく声に出して勉強すること。つまり音読です。

これは「日本語以外の外国語」を勉強する時には常に当てはまります。例えば、漢文の勉強法を高校生にシェアした際、以下の感想を頂いたことがあります。

特に漢文の勉強法は参考になりました。英文は音読をするのに漢文は音読をしていないことに気づきました。
漢文もほぼ外国語なのに音読をしないのは、よくよく考えてみれば変ですね!

この高校生がコメントしている通り「英語は何となく音読で勉強するものだ」と思っていても、他の科目や語学を勉強する際に「音読」という概念が吹っ飛んでしまう方が意外と多くいらっしゃいます。

大学院入試や編入試験で問われる「語学」というのは多くの場合、和訳などの筆記スキルを問われるもので、ヒアリングやスピーキングのスキルは問われません(※TOEICやTOEFLスコアの提出を求めてくる大学もあります)。

しかし、ヒアリングやスピーキング力が問われなくても、「語学の学習をする際には、音読は基本」です。

音読の大前提は「音読対象を理解していること」

音読する目的は色々あるのですが、その大きな目的の一つは「音読した内容を体に染み込ませて覚えること」です。

さて、ここで注意点が一つあります。

それは「音読する前に、音読する文章の内容を理解していることが大前提」ということです。

何を言っているのか分からない文章をいくら音読して丸暗記しても、殆ど忘れてしまいます。覚えられたとしても、応用が利かないでしょう。「意味が分からないけれど、とにかく音読しよう」という姿勢は非推奨です。

例えば英語であれば、分からない単語の意味を調べておくとか、文法構造を理解しておく必要があるということです。

勉強を始めたばかりで所謂「勉強の勘どころ」が分かっていないがために、全く理解できていない情報をとにかく丸暗記しようと試みる方が社会人の中にも結構いらっしゃいます。

しかし残念ながら理解する手間を惜しんだ丸暗記は、得られるものが少ないです。「理解していないものを丸暗記しても、別のシーンで応用できない」でしょう。

何かを音読する際には「音読する内容を、理解していることが大前提」だと思いますし、

頭の柔らかい子供ならいざ知らず我々大人は「理解していないものは覚えられない」です。

理解できていないものをいくら音読しても無駄が多すぎます。音読しているうちに理解できるようになるということも、まず起こりません(実験してみたことがありますが、一度もそんな現象には見舞われませんでした)。

語学の学習や暗記には、音読は大変効果的です。
しかしそれは「音読する前に、きちんと分からない部分をつぶすこと。音読する内容を理解していること」が大前提です。

「理解していないものは覚えられない」です。