語学(英語)対策で、文法が固まったら次にすべきことは?

語学の攻略には順序がある

時々受験生の方から「長文読解の勉強をしているけれど、全然解けるようにならない」というご相談をされることがあります。この症状の原因はほぼ100%「文法に穴がある」からです。

別の記事でも解説しましたが英語をはじめとする語学は「何はともあれ、まず文法を固める」のが鉄則です。これを飛ばすと英語力は伸びません。

しかし文法をいくら極めても、それだけでは大学院入試に必要とされる英語レベルにはなりません。

ある程度文法が固まったら、早めに次のフェーズに移行することが求められます。受験勉強というのは、大抵試験直前期に時間が足りなくなります。出来るだけ、計画は前倒しするのが理想です。

さて、では文法を固めたら次は何をすればよいのでしょうか?

英文法を固めたら、次は読解

英文法をある程度仕上げたら、次は長文読解の対策をすることをお勧めします。

大学院入試の場合、英文和訳が課される傾向が高いからです。

多くの場合「和訳問題」は長文を読まされて、そのうちの一部分を「和訳せよ」と要求してきます。つまり、和訳する前に「英語の長文を読んで、ある程度の速度で英語のまま意味が理解できること」が大前提です。

ここは順を追って長文読解の力を付けるところから着手したほうが良いです。

英語長文を文法を意識して読むと、頑張って勉強してきた英文法の力がついていることを実感できるので「頑張ろう」という気にもなれます。

なお長文読解の勉強を本格的にやる前に、熟語や英語構文の勉強を挟むか、長文読解と並行して英語構文が学べる参考書なり問題集を仕上げるのがお勧めです(この辺はご自分の受験までの時間と応相談です)。

英文和訳問題は多くの場合、意図的に「受験英語で重要とされる英語の構文を理解しているか」を問われます。

自分も実際に大学院入試の本番の時に和訳しながら「あ、これはあの構文が使われているかを問われているな」と思う問題が出際されたのを記憶しています。

良く考えれば当たり前ですが「和訳せよ」と問われる以上、指定されている英文は何の意図もなく無作為に選ばれているはずがありません。必ず何らかの意図があって「ここを訳せ」と言われているわけです。

そして大抵、その「意図」とは「構文を理解しているか?」「熟語を把握しているか?」という辺りです。少なくとも私は「何の意図もなく無作為に選ばれた部分和訳の問題」というのは見たことがありません。

和訳問題を解くときは必ず「ここを英文和訳することで、何の力を問われているんだろう?」と考えるべきです。

何の意図もなく、単語を順番に訳していけば正解にたどり着く英文を「訳せ」と言われることはまず無いと心得ましょう。長文読解力を身に付けることはつまり、この「出題者の意図」を見抜いたうえで英語を理解・和訳できる能力の養成です。