大学院入試の語学対策で最初にやること

受験科目に語学がある場合、どうする?

大学院入試を受けよう!と思う時、多くの人の関門として「語学」の壁が立ちはだかります。専門科目は多分解けるような気がするけれど、英語が全然分からないな・・・という方も少なくありません。

この時「専門科目が出来れば、語学はイマイチでもなんとかなるかも?」と考える方がおられます。
この考え方は極めて危険です。

語学(英語)が出来なければ専門科目の知識がいくらあっても落ちる

と思っておいた方がいいです。

実際、語学の点数で引っかかって落ちるケースが毎年非常に多いからです。自分も早稲田大学の大学院を受けた際、英語の筆記試験がありました。一応パスするにはしましたが、英語のスコアは、相当ギリギリだったはずです。

何故かというと、二次試験の面接で面接官の教授に開口一番「君の英語の点数、平均以下だった」と言われたからです。

英語の勉強に相当リソースを割いていたので「あんなに英語の勉強したのに平均に行かなかったのか・・・」と地味にショックでした。

入試科目に語学(英語)がある場合は「決して舐めないこと」「どうにかなると思わないこと」が大前提です。実際、英語のせいで早大の大学院入試で落とされていた同級生や先輩(全員、早稲田大学の学生です!)が何人もいました。

では、語学対策は最初に何をどうしたらいいのでしょうか?

何はなくとも、まずは文法を固めることが最優先

英語の勉強というと、とりあえず単語帳をやろうとする方がいます。
しかし個人的に、最初に単語帳のような無味乾燥で「どれだけ英語力がついているか分からない」勉強から始めるのはあまりお勧めしませんし、優先順位としては英文法の穴をなくす方が先だと思います。

「いきなり単語帳に着手する戦術」は一見お手軽でやりやすいように見えますが、無味乾燥な作業になりがちですし学力がついている実感も得づらく、やる気の維持が難しいです。

大学院入試で課される英語は多くの場合「英語の和訳」です。一見、単語が分かれば何とかなるかも? という気もします。

しかし、文法が抜け落ちていると文法を理解していない訳を作ることになるので、減点されます。和訳が日本語的におかしくても「受験英語の文法的に正しければOK」とされるという説も有力です。

もし英語のペーパーテストの代わりにTOEICやTOEFLスコアの提出が求められているとしても、英文法が固まっていなければスコアは伸びません。

何はなくとも、まず文法を固めることが急務です。基本的な英文法の穴をなくすことは、大学院入試の英語を突破するのに避けて通れません。

「英文法など忘却の彼方だ」「英文法とはなんぞや」という方は、おとなしく大学入試の(つまり高校生が使っている)基礎文法の参考書を一冊仕上げることをお勧めします。

英単語は文法を固めてからでも全然間に合います。そもそも文法が固まっていない段階では英単語力の出番も何もありません。大学院入試に語学(多くの場合、英語)が課されているなら、まず基礎文法をマスターすることから始めてください。