東大大学院・経済学研究科とは

経済、経営、金融がキーワードの大学院

東大で経済周辺の学問をより専門的に研究したい、という方のための大学院が経済学研究科です。
ここは、東京大学 経済学部の上に位置する大学院です。

東大の経済学部は経済、経営、金融の3学科体制です。
0999
(引用元:http://www.e.u-tokyo.ac.jp/kenkyuka/gaiyou.html

これらの学問をより深く学べる大学院が、経済学部の上に位置する経済学研究科です。
0912
(引用元:http://www.e.u-tokyo.ac.jp/kenkyuka/gaiyou.html

この大学院は、経済専攻 (経済理論、統計学、現代経済、経済史)とマネジメント専攻(経営、数量ファイナンス)の2専攻・6コースに分かれています。

各専攻の教育研究目的は下記のとおりです。

専攻
教育・研究の目的
経済専攻 経済専攻では、理論、統計、政策、歴史のジャンルを超えた幅広い総合的知識をもち、国際的競争力・発信力をもつ人材を養成することを目的とする。
マネジメント専攻 マネジメント専攻では、日本の強みである「現場の力」に根ざした企業経営を行えるビジネス・エリートを養成することを目的とする。

(引用元:http://www.e.u-tokyo.ac.jp/kenkyuka/mokuteki.html

例年、本大学院の合格者の約半分が他大学の出身者です。
また、マネジメント専攻の数量ファイナンスコースには社会人特別選抜の入試枠があります。

経済、経営、金融というキーワードの周辺を深く学問的に研究して学識を深めたい方は、ぜひ下記のWebサイトから詳細を確認してみてください。

★東大大学院 経済学研究科のWebサイトはこちらから