東大大学院・公共政策大学院とは

国家レベル・国際レベルで活躍するプロを育成する大学院

個人的な印象ですが、大学院にはいかにも昔ながらのアカデミックなイメージといった感じの「古色蒼然とした大学院」(私が在籍していたのはこちらです)と、時代の要請によって新しく誕生した「今時の近代的な大学院」に大きく分けられます。

公共政策大学院(公共政策学連携研究部・教育部)は間違いなく後者に属する大学院です。

この大学院は「公共政策に関わる政策プロフェッショナルの養成を目的」として2004年に創設された比較的新しい大学院です。

法政策、公共管理、国際公共政策、経済政策などの分野で専門知識を活用して、国家レベル・国際レベルで活躍できる人材を輩出することを主眼に置いています。

東京大学法学政治学研究科と経済学研究科は、2004年4月より、公務員をはじめとする政策の形成、実施、評価の専門家を養成する大学院修士課程(専門職学位課程)として「公共政策大学院」を創設しました。

この大学院は、同時期に創設された法科大学院と同様、新しく専門職の人材を養成することを目的として設けられた専門職大学院の一つです。法科大学院が法曹の専門家の養成を目指しているのに対し、この公共政策大学院は、広く公共政策に関わる政策プロフェッショナルの養成を目指しています。

(引用元:http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/overview/

じっくり学問的に何かを探求していくというよりも、身に付けた学識を使って社会にインパクトをもたらす実務家を養成するための大学院です。この姿勢は「職業人選抜枠」という入試枠が若干名採用ながら設けられていることからもうかがえます。

「職業人選抜枠」は出願時に官公庁・企業などで社会人として実務経験のある方が合格後も在職することを前提に筆記試験が免除される入試制度です。

事前に作成して送付した書類(大学院で何を研究するかを記した計画書やエッセーなど)とTOEFLスコアの提出が一次審査、これにパスすると二次の口述試験です。

この職業人選抜枠で受験する場合、専門知識を問われる筆記試験がありません。英語を日常的に仕事で使っている職業人であれば、かなり有利な制度です。

なお、メインの一般入試枠では第一次選抜として入学願書審査・外国語審査・専門科目試験(筆記試験)を行い、第二次選抜として口述試験があります。社会人経験がない学生の場合はこちらの枠での受験になります。

より詳細な説明は大学院の募集要項に詳しく書いてあるので、ご興味のある方は東大公共政策大学院の「募集要項」を確認してください。

注意:東大のWebサイトには提出書類のフォーマットが指定されている入学願書がUPされていません。

出願を検討される場合は必ず上記のサイトから郵送で募集要項・入学願書の冊子を送付依頼しなければなりません。直接窓口に行くことでも入手可能ですが、時間効率を考えると郵送手配がおすすめです。

世界的な視野を持って国や国際機関で仕事をするためにより学識を深めて武器を増やしたい、仕事の規模や視野をスケールアップしたいという方は、ぜひ一度ご検討されると良いと思います。

★公共政策大学院(公共政策学連携研究部・教育部)のWebサイトはこちらから