東大大学院・法学政治学研究科とは

“法”をキーワードにした学問を研究する大学院

いわゆる「大学の法学部」と言われた時にイメージする学問を、より専門的に行うところが、東大大学院・法学政治学研究科です。東大大学院・法学政治学研究科は総合法政専攻と法曹養成専攻にさらに分かれます。

純粋に法律を学問として学びたいという方と、裁判官・弁護士などになりたい方が在籍する大学院です。

簡単に説明すると

純粋に法律を学問として学びたい場合・・・総合法政専攻
裁判官・弁護士などになりたい場合・・・法曹養成専攻

というイメージです。

通常の大学院は修士課程(基本的に2年間)・博士課程(基本的に3年間)があり、総合法政専攻はこの課程制度に則っています。しかし法曹養成専攻にはこの概念はなく、標準修業年限は3年間です。

なお、法律関係の大学院というと「法科大学院」という言葉が浮かぶ方が多いと思いますが、東大大学院の場合「法科大学院」という名称ではなく「法学政治学研究科 法曹養成専攻」という独自の名称を使っています。

東京大学法科大学院は、東京大学大学院法学政治学研究科に属しています。本研究科に、総合法政専攻と法曹養成専攻の2つの専攻が置かれており、法曹養成専攻が法科大学院に当たります。

(引用:http://www.j.u-tokyo.ac.jp/in/hys/nyugaku/syoukai/gaiyou.html

総合法政専攻とは

前述したように、東大大学院・法学政治学研究科は総合法政専攻と法曹養成専攻に分かれています。本項では総合法政専攻についてご紹介します。

 総合法政専攻は、政治や法律を「学問として探究したい」方向けです。

実定法、基礎法学、政治という三つのコースにさらに細かく分かれます。

それぞれのより詳細な説明は以下です。

<実定法コース>
公法・民刑事法にわたる日本の実定法諸分野について研究・教育するコースです。実定法領域で博士号をめざす人たちの多くは、法科大学院を経て総合法政専攻博士課程に進学することになります。ただし、学問の性質を考慮して、憲法(国法学を含む)及び国際法を専門分野する方々については、総合法政専攻の修士課程を経由して博士課程に進学する道も用意されています。なお、現行司法試験に合格している方は、法科大学院を経由することができないので、総合法政専攻修士課程入試の「B選抜」という枠が用意されています。さらに2年以上の法曹実務を経験した者については、修士課程を経ずに博士課程を受験することが認められています。

<基礎法学コース>
外国法、法制史、法哲学、法社会学などの分野を含みます。本研究科の一つの特色は、実定法と並んで基礎法学諸分野の研究教育が充実している点にあるといってよいでしょう。この分野を専門にする場合は、法科大学院を修了して博士課程に進学するほか、総合法政専攻の修士課程を経て博士課程に進学することもできます。

<政治コース>
広く政治にかかわる諸現象を歴史的・理論的に考察するさまざまな分野を含み、その地理的対象は世界中に及びます。またそこで用いられる方法や観点も多彩です。

(引用元:http://www.j.u-tokyo.ac.jp/in/shs/nyugaku/syoukai/shs.html

法曹養成専攻とは

それでは、法科大学院にあたる法曹養成専攻はどのような人材を育成しているのでしょうか。Webサイトを見ると、下記の記載があります。

東京大学が設置する法科大学院は、国民や社会に貢献する高い志と強い責任感・倫理観を持ち、国際的にも、また先端分野においても活躍できる高い水準の法律家を生み出すことを目標としています。単に司法試験に合格することを目指すのでなく、むしろ法実務の遂行や法律家のキャリアの発展において、東京大学の法科大学院での学修が血となり肉となって役立つような、長期的視野からの教育を行うことを目指しています。さらに、博士課程に進学し、日本の法学研究の将来を担う人材も育てます。

(引用元:http://www.j.u-tokyo.ac.jp/in/hys/nyugaku/syoukai/gaiyou.html

このような前提に立ち、

「法制度を所与のものとして学生に吸収させるのではなく、制度の背後にまで立ち入って深く理解し対処できる理論的バックボーンを形成することを重視」することを意識した大学院が法曹養成専攻です。

なお東大の法科大学院(法曹養成専攻)は、合格者のうち約3割程度を東大の他学部や他大学の出身者、社会人経験者などにすることを目標にしています。
(参考:http://www.j.u-tokyo.ac.jp/in/hys/nyugaku/syoukai/gaiyou.html

そのせいか受験生向けの情報が東大のWebサイトで比較的詳細に公開されていますので、ぜひ法科大学院(法曹養成専攻)の受験を検討している方はご一読をお勧めします。