社会人から大阪大医学部に編入するとどうなる?

★以前に大学編入カウンセリングをさせていただき、無事に社会人から大阪大の医学部に編入合格された方がいらっしゃいました。 その方から入学後半年経った現状のご報告を頂きました。

編入志望の方に有益な情報かと思いましたので、下記にご紹介いたします。

———————————————————–
※編入学は、各自の出身校(専門学校)で受けて来た専門科目以外のカリキュラムによって大きく差があり、全員に共通する事ではありません。
(以前、カウンセリングの中でご指導頂き、FB上で同状況の先輩に話を伺った中では分からなかった事を含みます。)
・必修科目
大阪大学は他大学より若干必修科目が多いと言う話を入学後に聞きました。
私は語学(英語、第2外国語)以外で、数学、物理、化学を通年で履修しなければなりません(例えば、数学なら前期にⅠ、後期にⅡを履修)。
しかし、私は受験を英語、専門科目、面接で通っているのに対し、周囲は勿論、センター試験、学部試験を経て入学しているので、能力に雲泥の差がありました。
幸い友人の助けを得る事が出来、分からない部分はその都度教えて貰い、テストに応用出来る程度には何とかなりましたが、やはり学部生として編入するのであればきちんとしたルートで入学するべきだと痛感しました。
更に言うならば、高校で物理を選択し、入試の物理・生物選択において物理を選べる様にしておいた方が良かったと感じました。
と言うのも、この度私が履修していた化学の授業内容に物理の知識を必要としていたからです。(その他の授業においても物理の知識を用いる場面がいくつかありました。)
私は、今まで物理をほとんどしていなかったので、前提条件とされてる部分から分からず苦労しました(それは、入試で生物を選択している子も同様の意見を言っていました)。
医学系の学部では、生物=遺伝子と言う認識が強い様な印象を受けており、スタートラインがある程度均一だと思ったと言うのもあります。
・全体的な時間割
編入生は、正規の学生よりも履修科目に対する時間が限られています。
勿論取得する単位数は事前の認定等によって多少減りますが、私の場合、それでも1限から4限まで詰まっている日が2日あり、週5日全て1限から授業が入っていました。
また、正規の学生よりも授業の選択の幅が狭く、ほとんど決められている様なものでした。
その分テストやレポートも大変で、編入学した最初の1年が最も多忙であると感じています。
・最後に
言うまでもなく、大阪大学に正規入学する学生は非常に優秀な学生ばかりで、年齢に関係なく尊敬出来る部分を沢山持っています。
以下は、その中で敢えて今後、編入を考えていらっしゃる方にお伝えしたい事です。
(少し上から目線の様になってしまい、不快に思われる方がいらっしゃるかもしれないので、省略して頂いても構いません。)
私は、今年1年間(編入学1年目)ずっと1回生と同じ動きをします。
当然周りは18、19歳の子ばかりで、見た目的にも精神的にも最初は抵抗がありました。
しかし、そこでお高く止まっていては大学生活も満喫出来ないし、上述した様な困難な状況を打破する事は出来ないと思います。
編入生は全体で見て私1人ではありませんが、やはりそこで全てを網羅する事は難しいと思います。(私の専攻で編入生は私1人です。)
時にはプライドを捨てて、相手に敬意を払い、教えを乞う事も重要です。
そして、上から目線なのではなく、精神的に自らも18、19歳になってしまうと変に力まず、楽しい学生生活を送れると思います。
長文、乱文失礼致しました。
今後、何かのお役に立てて頂ければ幸いです。

———————————————————–

★貴重な情報を提供してくださり、ありがとうございます。