入試で一番問われるもの

大学編入・大学院入試ともに入試本番で一番問われるものは何でしょうか?
私の経験から言うと「その専門分野の勉強・研究がやりたい!」という熱意です。

こういうことを言うと、精神論に聞こえてしまうかもしれません。しかしこれは精神論でも何でもなく、実際そうなのです。大学受験の一般入試と編入・院試が一番違うところはここだと思います。

高校生や浪人生が受験する一般入試に於いては、正直言うと「その大学に行きたい動機」も「その専門をやりたいかどうかの熱意」も何も関係ありません。ただ、ペーパーテストの点数のみで合否が決まります。試験で高い点数を取った人が受かり、低い点数を取った人は落ちる。

しかし編入や院試は試験でいくら高い点数を取ったとしても「その専門分野の勉強・研究がやりたい!」という熱意がなければ、難関大であればあるほど、面接試験で落ちます。

大学側が欲しい人材の質が一般入試と編入・大学院入試では異なるからです。

大学受験一般入試の基本的なスタンスは「とにかく少しでも筆記試験で優秀な結果を出せる学生を取る。その優秀な学生が入ってから、広く一般教養を身に付けていく過程で、自分のやりたいことを見つければいい」というものです。

一方で編入試験は「自分が今やっている事とは異なる別のことを勉強・研究したい」という人を受けいれる試験であり、大学院入試というのは「学部4年間で習得するレベルの知識・教養があることは当然。その上で、学部ではできないレベルのより高度で専門的な勉強・研究をしたい」という人を受け入れる試験です(社会人に特化した大学院など一部、学部レベルの専門的な基礎知識が不要な大学院もあります)。

つまり、「編入したい」「大学院で学びたい」という時点で「入学した後、勉強・研究したいと強烈に思う具体的な研究テーマや研究対象」がなければおかしいという理屈になります。

4年制大学(学部)を卒業して、かつ「入学した後、勉強・研究したい具体的な何か」があっても、熱意が足らない学生は大学院入試で落ちてしまいます。ということは社会人ならばなおの事、この熱意が問われると思って間違いありません。

特に大学院というのは、入学前は熱意があったはずなのに入学した後「想像していたものと違った」と言って大学に来なくなってしまったり、中退してしまう学生が一定数出るものなのです。熱意がない学生を入れたら、その可能性は当然上がりますので、研究室はこういう学生を全く歓迎しないです。

ぜひ今一度、自分に「どうしてもやりたい勉強や研究があるのか。それともないのか?」を確認してみてください。

「興味のない分野なのに、万が一合格してしまう」と、四六時中その研究分野と顔を突き合わせなければならなくなります。興味がある研究分野でも辛くなることはしょっちゅうです。なので、興味がない場合は想像以上に辛い学生生活になってしまいます。折角多大な時間とお金をかけて勉強・研究するのにこれでは、とても勿体ないことになってしまいます。